スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファーストフード店へ行く意味

休みを取り、引越後の転入手続き、郵便局での転送届、その他諸手続きを済ませてきました。
途中、食事を安くさっさとすませようとロッテリアに入ったものの、セット料金が一番安くても700円。
全然安く済まない・・・
身体にはあまり良くないし、安くないし、味もそれなり。
こんなことなら、タリーズやエクセルシオール等のカフェで軽くお茶とサンドイッチにしておいた方が、料金を同じくらいかもっと安く済ませられたし、ゆっくりできたのになぁと思いました。
ファーストフード店で食事を摂る理由がどんどん無くなっていきます。

そう言えば、高校生の男子がセットメニューを食べているのを見ました。
リッチな学生だと思ったのは私だけでしょうか?
高校生の時分、昼食に700円費やすのは、結構贅沢した気になったものでした。
スポンサーサイト

募金に賽銭の役割を求める

仕事で心が荒んだなぁと思った退社時のこと。
会社の通用口で、募金箱が目にとまりました。

募金箱にお金を入れたら、少しはこの心の荒みがましになるだろうか。

財布を開け、小銭をいくらか募金箱に投入しました。

神社のお賽銭には、祓いの意味があるとも言われているそうです(神社本庁HPより)
私は、募金箱に、賽銭と同じ役割を求めていたのかもしれません。

突発的なお参りに備えて

帰宅すると、財布の中の小銭を全部空けます。
荷物を少しでも軽くすることと、財布を傷めないようにすることが目的です。
小銭は、知人からハワイのお土産でもらったクッキーの空き缶に溜めています。
溜まった小銭は、休日にヨーグルトを買うときなどに、なるべく10円玉や1円玉から使うようにしています。
5円玉は、神社仏閣の賽銭用に溜めています。
買い物するときも、10円玉より5円玉のおつりがもらえるように計算するようになりました。

小銭を入れない財布に、常に5円玉を1枚だけ入れています。
突発的に神社に行きたくなったときに賽銭の小銭に困らないようにです。
これで、いつふらっと神社に立ち寄っても大丈夫!

止める時のことも考える

この度、2年縛りの契約をしていたタブレットを解約したため、違約金が発生しました。
違約金は承知の上で解約したので構いませんが、契約の時にはこうした解約の際の費用のことも念頭に置いておかないといけないと思いました。
つまりは、何かを始めるときは、それを止める際の費用を見ておかなければいけないな、と。

ふと、以前に仕事で少し齧った資産除去債務の考え方に似ていると思いました。
将来の処分費用を見積もって負債に計上しておく(かなり大雑把な理解ですが)という考え方は、個人のお金の管理にも当てはめてみても良いからも知れません。

当たったら1割!

母に、「ボーナスでクリスマスプレゼントとして何か買ってあげる」と言っておいたら、数日経った今日、「じゃあ宝くじを買って夢をもらいたい」と要望が返ってきました。
当たるか当たらないか、そして恐らく当たらない宝くじを買ってあげても、何だかプレゼントした気にはなりませんが、本人の希望なので承諾しました。
ただし、当たったら1割を要求しました。
これで、母に1億円当たったら1千万円もらえます。
今までは宝くじ等買わずに「あ~宝くじ当たらないかな~」と言っていたので、買うことになっただけでも一歩前進(?)です。
プロフィール

しまりす

Author:しまりす
スウェーデン好き。
旅行からちょっとした外出、スウェーデン語学習、太極拳、日々の小ネタなど綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフ イン スウェーデン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。