スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化の無い日常の良さに気付く~ひつじのショーンを観て~

3月に、映画「ひつじのショーン スペシャル~いたずらラマがやってきた!~を観ました。

(以下ネタばれ)
日常に刺激を求めたショーンが、牧場主に3匹のラマを買うように仕向けます。
始めはラマと羊が一緒にサッカーをしたりして楽しみますが、すぐに、ラマによって羊達や牧場主の生活はめちゃくちゃに荒らされます。
(いたずら好きとタイトルにはあるが「いたずら」というには度を越していると思う)
ショーンは仲間の羊達からそっぽを向かれ、反省し、ラマ達を追い出そうとします。
ラマに襲われ、命の危機(だと思う)に陥ったところを、仲間の協力を得て、ラマの追放に成功します。
そして、ショーン達は日常に戻っていく・・・


変化の無い日常に閉塞感を覚えるのではなく、仲間達と平和に暮らすことの素晴らしさに気づけ。

そう自分に言っているのではないか、と自意識過剰ながら思いました。
ひつじのショーン、奥が深いです。
スポンサーサイト

コーラが飲みたくなる

映画『ひつじのショーン~いたずらラマがやってきた~』を観てきました。

3頭のラマと、ショーンと、ショーンの弟分の子羊ティミーが、牧場主からちょろまかしたコーラ(多分本2ℓくらいある)を、一人一本ずつゲップをしながら飲むシーンを観て、自分もコーラを飲みたくなってしまいました。

それも、映画を観た昨日ではなく、今日になって無性に。

夕方、職場のセブンに小走りで買いにいきました。
500ミリを買おうとしたら、
「小さいので十分だよ」
と同僚にたしなめられ(・・・)、300ミリを購入。
結局、300ミリでちょうど良かったです。

コーラ30㍉

ゲップはしませんでしたよ!念のため。

本当にあった貯金箱

近頃は帰宅すると財布の小銭を全部出しています。
荷物を少しでも軽くするためです。
最初は小銭入れに、それに収まりきらなくなるとお菓子の缶に入れていましたが、tが、ちゃんとした貯金箱に入れたくなってきました。
でも新しく調達する程でもないし、買うにしても自分が納得のいくものが欲しい。
例えば、ひつじのショーンの貯金箱なら欲しい。

ありました。
そして、あるとき実家に帰ると、机に置いてありました。

20160130141110e56.jpg

妹が買ってくれたのでした。
ひつじのショーンに登場する子羊ティミー。一見ぬいぐるみ。
楽しい小銭貯金ライフの始まりです。

その遠回りがいとおしい

先日、ひつじのショーンの玩具欲しさに、マックのハッピーセットを買いました。
もらったおまけがこれ。

20150715225808453.jpg

一見どのように遊ぶか分かりませんが、説明書きを見ると、

201507152259016f2.jpg

ショーンの脇腹の取っ手を回すと、下のヒラヒラが連動して回るマドラーのようです。
「のみものをまぜることができるよ」って・・・!
普通のマドラーでかき混ぜれば一瞬で終わるのに、この一見便利なようで余計な労力と時間を使って遠回りしているところがツボです。さすがです。
「ウォレスとグルミット」のウォレスの発明を彷彿とさせます。

親のような気持ち

映画「ひつじのショーン」の公開が今週末に迫ってきました。
吉祥寺パルコで「ひつじのショーンのガトーショコラ」が発売されています。
さらにショーン好きにはたまらない夢のようなタイアップとして、Cath's Cafe湘南辻堂店では、限定メニューが数種提供されるほか、店内いたるところにショーンが・・・!
限定メニューも気になるし、店内のショーンと一緒に写真も撮りたい。
ショーンに呼ばれている気がしてなりません。

思えばショーンを初めて知ったのはおよそ15年前。
高校のオーラルの授業で観た「ウォレスとグルミット」に登場するショーンを見て、健気で可愛らしい様子にひとめぼれしたのでした。
当時、脇役に過ぎなかったのに、今ではすっかり主役となって、映画化までするなんて、FFのチョコボ以上の出世じゃないかと思っています。
ショーン!こんなに立派になって・・・!と、まるで親のような気持ちになりつつ、いつ映画とカフェに行こうかと悩んでいます。
プロフィール

しまりす

Author:しまりす
スウェーデン好き。
旅行からちょっとした外出、スウェーデン語学習、太極拳、日々の小ネタなど綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフ イン スウェーデン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。