断食を終えて④~断食二日目の症状について~

2013年と2015年に、断食道場で断食をしました。
二回とも、断食二日目に激しい脱力感とおう吐に見舞われました。
単に断食時に起こる身体の不調である「断食反応」と片づけていましたが、「塩分不足」による症状ではないか思いました。

ネットでざっと調べた限りですが、塩分が不足すると、身体は体内の塩分濃度を調節する為に、水分を沢山排出しようとするそうです。
食事をしないので自然と塩分摂取は断たれ、逆に水分は意識的に摂取している為、体内の塩分濃度は低下してしまいます。
断食二日目におう吐などの症状が表れたのは、その塩分濃度が危険なレベルまで低下したせいではないでしょうか。
塩飴で回復したことからも、塩分不足とおう吐の因果関係が見えてきます。
※参考:減塩ネット

自分が宿泊したアイウェルネス伊豆高原では、個室に塩分摂取の為の梅こぶ茶も用意されていた為、考慮されていたようです。

無性に塩っ気が欲しくなり、ふとそんなことを思いついた日曜の昼下がり。
スポンサーサイト

断食を終えて③~これからはモノではなくサービスにお金を使う~

断食道場から帰った後、自分でも少しおかしいんじゃないかと思うくらい、家でも職場でも実家でも片づけをしていました。
私だけが捨てにはまっているのではなく、世の中の風潮みたいです。
数年前から断捨離が流行ったり、こんまりさんがブレイクしたりしています。
最近書店で、モノを持たない暮らしを推奨する本がコーナー化されているのをよく見かけます。
意識が「捨て」に向いている時は、あまり新しいモノを買おうと思いません。
買うときも捨てるときのことを考えてしまったりします。
かといってお金を使わなくなる訳ではないようです。

映画を見たり、美味しいものを食べたり、旅行に行ったり(自分のやっていることですが)。
断食のような体験も然り。
お金を使う対象がシフトしているのだと思います。

それにしても、これだけ行動に影響があるのだから、断食にお金を使ったのも意味があったのだなぁと思いました。

断食を終えて②~心の断食反応~

断食によって、腹周り、体脂肪率の減少など、身体にそれなりに効果があったわけですが、それよりも影響を受けたのは心でした。
断食道場で何気なく手に取ったコミックエッセイ(『わたしのウチには、なんにもない。』ゆるりまい)がきっかけでしたが、読んだ直後から、家にあるもので何が捨てられるかを考え始め、帰ってから捨て始めました。
自宅でも、実家でも、職場でも。
勢いは加速するばかりで、一日一捨てしないと落ち着かなくなってきました。

先日、職場で個人机の引き出しや部署の書庫や倉庫の不用品を一気に捨てました。
同じ書庫を使っている先輩に、書庫にあった自分のスペースをすっきりさせたこと、週末は家でも不用品を捨てるのだということを話しました。
すると先輩が一言。

「あんまり思いつめない方が良いよ」

私が差し迫ったように見えたのかもしれません。
言われて気がつきましたが、半ば脅迫観念に駆られて捨てていたことは否めません。

自分の周りにもやもやした淀みがあるようで、身の回りの不用品を無くしてすっきりさせればそれも消えるんじゃないかという気がしています。

今日、少しでもすっきりしたくて髪をばっさり切ってきました。
身体ではなく心の断食をしているのだと思います。
今、追い詰められているような気になっているのはきっと断食反応で、これを乗り越えれば、クリアな思考や清々しい気持ちが手に入るのだと信じて、もう少しやってみます。

断食を終えて①~食事と体調の変化~

帰宅後2、3日は軽めの食事でお菓子も控えていましたが、3週間経った今、ほぼ断食前の食生活に戻っています。
ただ、少し変わったこともありました。
まず、甘い飲み物を飲むことが減りました。
相変わらずジューススタンドで果物ジュースをよく飲んでいますが、コンビニで甘々のミルクティー等のチルド飲料は買わなくなりました。
そして、社員食堂でスパゲティーの定食を食べる時に、付け合わせのロールパンを取るのをやめました。

肩こり解消を期待していましたが、それほど効果を感じることができなかったのは残念。首を寝違えてしまったくらいだし。やはり普段の姿勢やストレッチ等が大事なのでしょう。

2日目朝の断食反応(おう吐、身体のだるさ)以外は、特に空腹でひもじい思いをすることもなく、いたって元気に過ごせました。
3泊4日でしたが、もうすこし長くても平気だった気がします。

断食四日目~四日間の成果とご褒美朝食~

断食道場四日目の朝は、二日目のような断食反応はありませんが、昨日の夕方の補食がまだ腹に残っている感覚があり、体調は万全とは言い難かったです。
入浴後、8時からの体操は無理せず出ないことにして、例のごとく自室で寝転んで本を読んで休みました。
最終日なので退所面談があり、入所時と同じように、体重、体脂肪等を測定。
以下、入所時に対しての結果です。

・体重   △0.6㎏
・体脂肪率 △1.6%(内臓脂肪は変化なし)
・腹周り  △1.5㎝
・基礎代謝(1㎏辺り) アップ

体重減は目的では無かったし、断食によって身体が体重を減らさないように働くため、あまり急激に減ることは無いそう。
断食で筋肉が減って体脂肪率が上がる人が多い中、フィットネスに参加したり太極拳の自主練をしたりと運動した結果、筋肉を減らさなかったことに対して、職員さん(多分鍼灸師)に褒められました。
基礎代謝は、平均値よりも低めでしたが、私の体格では良い方なのだそう。
二日目の朝は断食反応でつらい思いもしましたが、結果は合格点かな。

部屋に戻って荷物をまとめると、すぐに食事の時間に。
最終日のご褒美朝食です。

普通食

メニューはうろ覚えですがざっと以下の通り。
・魚のソテー(料理名は忘れました・・・)
・巣ごもりサラダ(そぼろに見えるのは肉ではなくグルテン等を混ぜて作ったもの)
・ポタージュ
・天然酵母の手作りパン
・ブルーベリーのムース

ゆっくり味わって食べました。
パンが甘い味がしました。
周りの人達が皆アルミホイルをもらっているので不思議に思っていたら、3切れのパンの内1切れか2切れを包んでいました。
私も真似して包んで持って帰ることに。

食事が終わるともうチェックアウトの時間です。
部屋に戻って歯を磨き、荷物を持ってロビーへ。
伊豆高原駅まで車で送ってもらいます。

1時間半後くらいの踊り子号のチケットを買い、ゆっくりお土産を物色、残りの時間は小さいレストランでお茶。タピオカ飲料やかき氷にも心惹かれましたが、断食後しばらくは甘いものを控えようと思い、ハーブティーを飲みました。
プロフィール

しまりす

Author:しまりす
スウェーデン好き。
旅行からちょっとした外出、スウェーデン語学習、太極拳、日々の小ネタなど綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフ イン スウェーデン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR