スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅において憧れる人その3

また旅において憧れの人ができました。
上橋菜穂子先生の守り人シリーズの主人公、女用心棒バルサです。
『精霊の守り人』の終章で、生まれ故郷へ旅立つ場面と、『闇の守り人』の序章で滝の上から山脈を眺める場面は特に好きです。
どんな困難も、自分の身一つと短槍一本で切り抜けていく様が好きです。
実在であれ架空の人物であれ、自分は、たくましく一人旅をする女性に憧れを抱きやすいのだと思いました。

久しぶりに小説を読もうと思い、本屋で手に取ったのが、1作目『精霊の守り人』しか読んでいなかった守り人シリーズ2作目『闇の守り人』でした。
再び読み始めたが最後、止まらなくなり、2週間経たない内に、シリーズ最終作『天と地の守り人』と外伝『流れ行く者』を読み終えました。
一気に4冊読んだ日もありました。
小説を読み終え、そういえばアニメ化もされていたなと思い起こし、さっそくツタヤでDVDをとりあえず4枚借りてきました。
観終わって続きを借りようと考えていたところ、妹が全話録画していたことが発覚しました。
そこから1週間。
アニメ全25話も見終え、短編が収録されている『守り人のすべて』をアマゾンで買って読みました。

見るものは見つくしてしまったので、少しさみしい感じがしています。
スポンサーサイト

まだ味わえる苺

5月も今日で終わり。
出勤扱いで研修を受けてきて、帰りに一息つきたくて苺ジュース。
苺商品のシーズンも終わりかと思いきや、近くのベジテリアでもまだ苺を使ったジュースがありました。
でも今日は、空いていて割引券を持っているゆう文へ。

20150531182326e6b.jpg

苺の味が濃いです。

頑張ったご褒美でも何でもありません。
ただ飲みたいから飲んでいます。

「スヌーピーに似てる」は褒め言葉か

太極拳の教室では、たいていスヌーピーのTシャツを着ています。
先生と推手の練習をしているとき、私のTシャツのスヌーピーが目に入ったのか、先生に、

「スヌーピーに似てるって言われませんか?」と聞かれました。

1度か2度、雰囲気が似ていると言われたことがあります、と答えると、

「良いことです」と言われました。

多分、口数が少なく、物事にあまり動じず淡々としている(ように見える)ところが似ていると言われたのでしょう。
スヌーピーは確かに喋らないし、あまり動いてもいなさそうです。
しかし見た目の大人しさの半面、彼の頭の中はとても動的で、自分がいろんな職業で活躍している空想をするし、結構世の中をシュールな目で見ていたりします。

スヌーピーと似ているなら、雰囲気だけでなく、中身も似ていたいなぁと思ったのでした。

「準備」も「計画」も事前にできていない

概念が理解できなかった「前準備」と「事前計画」について、考えを進めてみました。
同じ言葉でも、国や地域によって意味が変わっていくものがあります。
それが会社という小さな集団の中でも起こっているのではないかと思います。

「準備」も「計画」も、本来なら事前におこなうはずのものなのに、必ずしも事前にできなくなってしまっているから、本来の意味である「事前に」という意味を意識的に含めようとすると、「前準備」「事前計画」と使われるようになったのではないかと思いました。

と考えると、準備や計画が事前にできないなんて、私のいる場所がだらしないんじゃないかとちょっと情けなくなるのですが…

自分の日本語能力に限界を感じたとき

会議の議事録を作成するのに資料を見ていると「前準備」と「事前計画」という言葉が目につき、気になって仕方がなくなりました。

準備は前にするものであって、計画も事前に立てるものでは?
どうしてわざわざ意味が重なるような言葉を頭につけるんだろう??
ただの「準備」「計画」とはどう意味が違うのでしょうか。

試しに、Yahoo!で検索をかけてみました。
普通、単語を検索すればネットの辞書がヒットしますが、出てきません。
やはりオフィシャルな日本語ではないのかも。

英語で対応するものがあれば分かるかもしれないと思い、「英訳」を付け加えて検索。
結果、
前準備→preparation

…準備じゃん!

事前計画の方は、advanced plan、up-front planという英訳がありましたが・・・
いずれにしろ、この二つの言葉の概念を理解するのは、今の自分には無理だと思ったのでした。

気がつくと刀を握っている

実際に身体を動かして太極拳の練習をすることはあまり多くなく、普段は専らイメージトレーニングをしています。
でも暇さえあればやっています。
最近は、動きをまだ教わっている途中の、太極刀のイメトレもよくやります。
くるくると自分が向く方角が変わるのですが、方角が分からなくならずにイメージ仕切れれば、覚えられたなと思います。
イメトレのはずが、気がつくと手の形が刀を握っているようになっていたりします。

魂が抜けかける

夜、外を歩いていると、身体がふわっと浮くような感覚になることがよくあります。
多分、疲れていたり、血圧が下がっているのが原因なのでしょうが、「魂が抜けかけてるみたい」と思いついてから、気に入ってこの表現を使っています。

そして、今夜も魂が抜けかけています。

フレンチ1食で1日分のカロリー

昨夜、フレンチを食べに行きました。
ドレスコードはカジュアルながらも本格的なコース料理で、自分にとっては友人の結婚式でしか経験したことの無いものでした。
その為1週間くらい前から、マナーを確認しなきゃ!、とか、職場の同僚に「今度フレンチを食べにいくんです」などと浮かれていました。
一緒に行った人達は、バブル期に青春を過ごした人もいて、こうした店には慣れているようでした。
細かい作法はともかく、ナイフとフォークは外側から使うといった大枠は外さなかったので(・・・)、無事、楽しく食事会を終えました。

昨年スウェーデンでホームステイした際は、日々の食事では当然ナイフとフォークを使うのですが、どう見ても私の食べ方は下手で、
「私、ナイフとフォークの使い方下手ですね」と言うと、
「普段使っていないのだから仕方がない」
とフォローされました。
でもきっと私は日本人の中でも特に下手な方・・・

高校によっては、マナーの授業があって、洋食の食べ方なども教わるそうです。
以前、桜蔭出身の知人から、学校で習わなかったのかと聞かれたことがありますが、私はごくごく一般的な女子校に通っていたため、そうした授業はありませんでした(・・・)

どうやら自分には、バナナでも使ってナイフとフォークの練習が必要なようです(多分やらないけど)。


それにしても、どうやらこの食事で1日分のカロリーを摂取したらしく、今日は朝も昼も全く空腹にならず、何も食べませんでした。
夕食はとりましたが、それも無くても良かったかも、と思う程。

ともあれ、良い経験になりました。

アナ雪がノルウェー語で理解できる日まで

昨年、スウェーデンで買った『アナと雪の女王』(FROST)のDVDには、スウェーデン語以外に、ノルウェー語、デンマーク語、アイスランド語、フィンランド語の北欧5カ国語と英語版が入っています。
英語版と、学習中のスウェーデン語版だけは何度か見ていましたが、先生が、「スウェーデン語が話せればノルウェーやデンマークを旅行しても困らない」と言っていたのを思い出し、試しにスウェーデン語の歌詞を暗記しているLet it goだけノルウェー語とデンマーク語で聞いてみました。

結果、歌詞の違いもあるからでしょうが、ほとんど意味が分かりませんでした。
単純に、ノルウェー語やデンマーク語が分かる程のスウェーデン語能力がまだ無いからというだけですが・・・


ちなみに、一緒にDVDを見ていた母の感想。

「どの国の人も歌上手だね」

そりゃ、どの国でも歌手が歌っているのだから当然(・・・)

毒とともに生きる

職場で目にしたり耳にしたりする言動に、近頃は疲れてしまい、「心の毒を落としたい」としきりに考えているのですが、職場で違う部署の人達に対して冗談交じりにそれを話したら、「自分から毒を取ったら何も残らない」「(自分の)個性が無くなってしまう」などと返ってきました。
冗談で話していたことですが、はっと気づかされた感じでした。
確かに、人である以上、毒を吐き、毒を浴びながら生きているのが当然で、完全に毒を抜くことなんてできません。
それが嫌だったら、山に籠るとか、出家するとかしか無いのかもしれません。
でも何をしようと、集団で暮らしている以上は、他人に対して良い思いばかり抱く訳ではない。

平気で毒を吐けるようになって、他人からの毒も受け止めて(あるいは受け流して)、かつ「これが自分だ!」と開き直れるようになれば、良い意味でも悪い意味でも、またひとつ大人になるのかもしれません。

洗剤を買い忘れた代わりに

Jag glömmer ofta bort att köpa tvättmedel.
(私はよく洗剤を買うのを忘れます。)

スウェーデン語の授業で、「あなたは何をしばしばし忘れるか書きなさい」という作文の宿題が出ました。
上の文は、「そういえば選択洗剤が少なくなってきたから忘れずに買わなきゃな~」と思って実状に則して日曜日に書いた文です。
そして今日は木曜日。
結局買わないまま、今朝洗剤を使いきってしまいました。

Jag glömde bort att tvättmedel...

洗剤を買うのは忘れましたが、この作文は忘れないだろうな、と思いました。

眼を休める

目の疲れを感じることが多くなったので、意識的に休めなければと思い、1週間に1度はタブレットを見ない日にすることにしました。

小さい頃親に注意されていたことが、大人になってからできていないことに、最近よく気付きます。
暗いところで本を読まないだとか、夜更かししないだとかは、その最たるもの。
冷たいものを食べ過ぎて腹を冷やしてしまうのもやりがちです。

大人になったら、自分の中に親のような部分を持っていないと駄目だなぁと思ったのでした。

小刀は要らないのかもしれない

現在、太極刀の練習に使っている木刀が1m弱。
家の中で練習すると、木刀を壁や天井にガンガンぶつけてしまいそうだから、50㎝くらいの短めの木刀が欲しいと思っていました。
でも、やはり必要ないんじゃないかと思い始めました。

ぶつけているようじゃまだまだ。
ぶつけないようにすることも練習なんじゃないか。

短い刀は、進んでではなく、良いなと思うものに出会ったら購入を考えるようにします。

振り回すことが目的じゃない。
精進します。

野菜食べたい病

毎日何かしらの形で必ず摂取している甘いものを、今日はまったく食べたいと思いませんでした。
そして、野菜が食べたくて仕方なくなりました。
多分、ビタミン等の野菜不足を身体が訴えているのでしょう。
そんな身体の声に応えるべ昼食としてくスーパーで買ったのが、一日分の緑黄色野菜が摂れるというレトルトカレー(・・・)
こうした加工品では求める栄養は摂れないだろうな~と思いつつ、千切りキャベツと一緒に摂取。
その後、おやつや夕食にふかしたさつま芋やほうれん草と卵の炒め物なども食べましたが、まだ気が済みません。

『鹿の王』で話題の上橋菜穂子さんの「守り人シリーズ」読んでいますが、1作目の『精霊の守り人』で、主人公の幼馴染の薬草師タンダが山菜鍋を作って、主人公と食べるシーンがあります。
ストーリーの最後に、旅立つ主人公が、

(・・・・・・ああ、タンダの山菜鍋が食べたいな)

と思うのですが、今、自分がその山菜鍋をすごく食べたいです。
現在シリーズ5作目を読んでいますが、「炊きたての麦飯と山菜鍋」の描写が見たいが為に1作目のページをめくっていたりします。

野菜が食べたいと思って手っ取り早くレトルトを買ってしまうような面倒くさがりですが、この野菜食べたい病が明日以降も続くようなら、鍋を作ろうかと思います。

気楽に読みたいならネット辞書の方が良い

午前中、珈琲館でスウェーデン語の宿題と予習をしたら思っていたよりもはかどり、1時間で宿題と2課分の予習ができました。

20150517212145f9a.jpg

短い時間でできたのは、2課とも会話中心の文であり、使った辞書も紙ではなくネットだったからというのもあります。
新出単語をきっちりノートに書くのではなく、コピーにちょこちょこっとメモしただけというのも時間短縮の要因。
気軽に、どこででも読もうとするならば、ノート、辞書、筆記用具ではなく、テキストのコピーとタブレットとペン1本で十分。
電車の中、喫茶店、就業前の会社の食堂など、ちょっとした空き時間を使うと以外と読めます。
思えば、アナ雪のLet it goのスウェーデン語版Slå dig friもそんなやり方で意味を調べたりして覚えました。
ネットの辞書だと信頼性に欠ける部分もありますが、学生と比べると机に向かう時間の少ない社会人にとっては、メリットも大きいと思います。
glosbe(スウェーデン語日本語辞書)

全く新しいことを始めると思って

今日、初めて少しだけ大架型をやりました。
今までは、ずっと小架型を練習していました。
小架型は、膝をつま先より前に出さず、比較的シャープな動きをするもので、大架型は、どっしりとした大きな動きをするもの(のよう)です。
一つひとつの技が、名前は同じでも動きが全く違います。
小架と大架は別物と考えた方が良いと思いました。

よく、公園などで年配の方々がやっているのはこの大架型のようです。
たまに近所の公園で太極拳をする集団を見かけたのですが、自分の知っている動きと合うものがなく、多分大架なんだろうなとは思っていましたが、今日自分でやってみてやっぱりそうだろうと納得。

今日は先生の動きを何となく真似てやってみただけなので、本格的に大架を習うのはもう少し先になりそうです。
今は小架型99式と太極刀の練習です。
99式は、試験を経てからは、「次の動きはなんだったかな~」とあまり考えることなく、自然と動けるようになってきました。
刀は、まだまだ「あれ、次はどうするんだっけ?」としょっちゅう止まっています。
焦らず、着実に一歩一歩前へ。

そろそろスウェーデンに行かなくちゃ

長かった6日連続出勤が終わり、久々にゆっくりできる休日。
明日も休みだと思うと、気持ちも休まります。

こうした普通の土日も良いのですが、そろそろがっつり連休を取りたい。
昨年9月にヨーテボリのオーレンスで買ったリップクリーム2本組みが切れました。
ハンドクリームがそろそろ無くなりそうです。
また補充しに行かないと。
理由なんて何でも良いのですが、そろそろまたスウェーデンに行きたい。

この際、台湾とかイギリスでも良いから、旅行に行きたい。

国内でも良いから、どこか遠くをリュック背負っててくてく歩きたい。

特に今年度になって、職場で毒を浴びて荒んできた気持ちを、リフレッシュしに行きたいです。

エコの渦に巻き込まれた

昨年、職場の取り組みの一環としてエコ検定を取得しました。
そして今年は、他の人達に受かってもらうためにサポートする側になりました。
スケジュールを立てて、問題を作って毎日流したりして、昨年よりも勉強している気がします。
「エコの渦に巻き込まれた」とは、今回受験する羽目になった人の言。
大いに巻き込んで、皆で合格できると良いです。

環境問題を扱った世界初の政府間会合が、1972年のストックホルム。
自分は学生時代から歴史が苦手で、年号や場所を覚えるのに苦労しましたが、エコ検定の範囲の中で、この年号と会議だけはすっと頭に入って、無事長期記憶に保存されたのでした(・・・)

シンプルな調理が一番美味しい

夕飯に肉が食べたくなり、帰りが遅くなったので出来合いのものを買って済ませましたが、失敗したなと後悔。
買ったのは某コンビニのプライベートブランドの豚ロース生姜焼き。
湯煎またはレンジにかけるだけ。
湯煎して食べましたが、どうも期待していた味ではなく、なんだか甘ったるいのです。
日頃、料理と呼べることは全くしませんが、自分で焼いた方が良かったと思いました。
醤油と酒と味醂にしばらく浸して、チューブの生姜(・・・)をまぶして、適当に焼くだけ。
料理ではなく、火を通して食べられるようにするだけとも言えますが、それでも、
加工品よりも、シンプルな調理法でも自分で手を加えた方が満足感は高いと言えます。
あとは、美味しく食べたい気持ちと面倒だと思う怠け心の攻防でどうするかが決まります。

On time

昨年の9月のスウェーデン旅行は、エア・チャイナを利用し北京経由で行きました。
あまり口コミで良いコメントを見るキャリアではありませんでしたが、スウェーデン教師宅に滞在してスウェーデン語を習うという、結構金額の掛かるプランだったため、その他の費用は極力抑えたかったのです。
しかし、遅延や欠航も多いようで、心配になった自分は、出発1カ月前から毎日、羽田、北京、アーランダ空港のサイトで発着時間を確認するという、何とも気疲れのする日々を送ったのでした。
そして、ちょうど台風の時期でもあったことが、余計不安を煽りました。

あれからもうひと冬越して、また台風の季節になったのだと思うと、時が過ぎるのって早い。
今年は、長期休暇もスウェーデン旅行もまだ予定が経っていませんが、次回は、エア・チャイナ以外を選ぶと思います。

エア・チャイナのサービス自体には、あまり不満はありません。例え日本発着の便で日本語が全く使われなくても、機内食が美味しくなくても、大して気になりません。
ただ、トイレが、搭乗時は綺麗なのに汚れるのが早いと思いましたが・・・
一番肝心なのは、時間通りに乗せていってくれることです。

肉ユニット結成

健診の結果を受けてタンパク質をきちんと摂りたい女性と、私との間で、肉ユニットが結成されました。
内容はなんてことは無く、食べたくなったときに肉を食べに行く会です。
私が肉を食べたくなったときにその人に声をかけ、焼肉やステーキなどの一人ではなかなか外食しづらいものを食べに行くという、非常に簡単なシステムです。

活動があったらレポートしたいと思います。

刀には気遣いが必要

太極刀の練習中に、部屋を区切るカーテンレールに木刀を思いっきり当ててしまいました。
「カーーン」という、木刀の芯まで響くような音がしました。木刀が痛そうでした。

肘や手首をちょっと緩めた状態にしておけば、床に擦ることも、天井に当てることもありませんが、部屋を分けるために天井から吊ってあるカーテンレールは、注意しないと必ずぶつかる位置にあります。

手首で刀の向きを調節して、当てないようにする気遣いが必要と言われました。

同じ日に、昨年秋に受けた太極拳の試験の免状と、先月受けた試験の合格の知らせを頂きました。
低い階段を1段上がれた気がします。
刀も、壁や物にぶつけずに一通り動きができるようになれば、また1段上がれるんじゃないかと期待しながら練習しています。

新しい靴

バーゲンで納得感のある買物ができました。

201505091927071a5.jpg
プーマの靴です。

太極拳を初めて間もなく2年。
現在練習時に履いている950円のスニーカーは少しきついし、そろそろ新しいシューズを買って良いんじゃないか。
そう思っていた矢先、ポストにバーゲンのチラシが。
食料品や日用品の他に、スポーツ用品もあり、場所は家から徒歩圏内。
ひょっとしたら良い靴が見つかるかも。
そんな期待を抱いて、会場に行ってみると、バレエシューズが並んでいる辺りに、柔らかい作りの黒い靴を発見。
POPには、「9000円の品、2980円(+消費税)」とあり、9000円とはメーカー希望小売価格だろうかとか、この書き方で良いのだろうかとか細かいことが気になりましたが、まぁ安いことには間違い無いだろうと思い、すぐに購入を決めました。

バーゲンは、目的も無く行くと時間とお金を浪費しがちだし、自分は混んだ場所が苦手なのであまり足が向かないのですが、狙いを定めていくと、さほどストレスも感じないし、なかなか良いものだなと思ったのでした。

例え自分のことでなくても、聞きたくない類の言葉があります。
夕方、職場の向いの席の2人が、上司やら会社やらの不平不満愚痴を話していました。
私は自分の仕事をもくもくとやっていたのですが、その会話がBGMとして耳に入ってきて、しばらく聞いている内につい耐えられなくなって席を離れました。
まるで毒に当てられたかのようでした。

普段耳にする言葉や目にするものって、多少なりとも肉体的精神的に影響を及ぼしてきます。
極力不必要な言葉や汚いものは避けて通りたいものです。

毒に当てられてぐったりしていたら、友達が夕飯に誘ってくれました。
2015050919270648a.jpg
少しは毒が抜けた気がします。
持つべきは友。

理解されないスウェーデン好き

スウェーデンが好きだと言うと、
「スウェーデンって、北欧だよね」とか、
「ムーミンでしょ?」とか、
「フィヨルドがあるよね」といった反応が多いです。
特に興味の無い人達にとって、北欧の辺りは北欧として認識しているだけで、位置関係やどの国で何が有名かといったことは区別していないようです。

「ストックホルムが首都だよね」とか
「イケアがあるよね」と言われると、却って驚いたりします。

アーランダ空港近くのホステルで同室だったスウェーデン人女性は、
「中国語と日本語の違いが分からない」と言っていたけど、遠くて関わりの薄い国って、そんなものなのかも知れません。

腹を冷やさない程度に飲む

今日は少し慣れた店で、店頭販売。
紫外線の強い5月の日光を沢山浴びてしまったし、疲れたので、帰りにビタミンCも摂れそうな甘い飲み物。

2015050618450000.jpg

ハニーズバーの苺ジュースです。
頭に「特選」とあった気がしたけど、何が特選なのかは覚えていません・・・でしたが、ホームページを見たらトップに大きく掲載されていました。
http://www.jefb.co.jp/honeysbar/menu/
「いちごMIX新潟県産越後姫使用」で特別らしいです。
苺感はそれなりにありますが、「いちごMIX」というだけあって、純粋に苺だけの味ではありません。ミルクとか、多分はちみつなども混ざってるはず。

作る時に氷もジューサ―にかけているので、氷のつぶつぶの食感があります。
腹を冷やしたくないけど、冷たいものが飲みたいので恐る恐るゆっくり啜るというのがここ数日間の飲み方です。

疲れたときに

今日も仕事。
慣れない店で、いつもと違う業務なので、余計に疲れます。
そして、疲れたときに欲しくなるのが甘いもの。
という訳で、今日も寄ってしましました。

20150505223227f59.jpg

帰り道のマックシェイク。
今日は期間限定のさくらんぼ味です。

マックシェイク片手に

実家への帰り道。駅前でマックシェイクを買って、飲みながら歩きました。
暖かくなってくると、時々無性に飲みたくなります。
20150504223230bd0.jpg
チョコ味。

日本マクドナルドの15年度第一四半期は最終損益が145億円の赤字。
使用期限切れ鶏肉使用と異物混入による客数減が大きな要因。
品質管理と商品開発にいっそう力を入れているよう。
こつこつと積み重ねていって信頼回復を図るのも大事ですが、思い切った変わり方をしないといけないんじゃないかとも思います。
一利用者として、マックが今後、どういう風に変化していくのか興味深いです。
そして、決して対岸の火事ではないことを肝に銘じないといけません。

言い訳はニャンとでもできる

「猫まつり 人生はニャンとかなる!展」という、猫好きにとっては天国のような展示に行ってきました。
場所はそごう大宮店。明確な目的が無いとなかなか足を踏み入れることの無い場所です。
埼玉県の猫好きが殺到して入場規制がかかっていたらどうしようという心配は、杞憂に終わりました。
開店時間の割とすぐに行ったせいか、さほど混雑もしておらず、1点1点じっくりと見られました。
1枚の写真に、コメントが1つかと思っていたら、ルーズベルトやバッハ、本田宗一郎等、国内外の偉人の言葉とその解説が各作品にセットで展示されており、読み応えもたっぷりでした。思いがけず教訓に満ち溢れた展示でした。

特に気に入った展示のカードを購入。
2015050321140493e.jpg

とまぁこれは想定内の買物なのですが、全く予定の無かったものも衝動買いしてしまいました。

20150503210445d16.jpg

リサ・ラーソンの水筒です。
これ以上水筒増やしてどうするんだとか、今度スウェーデンに行ったときに現地で買った方が良いじゃないかとか、多少の葛藤はあったものの、結局購入。

早速、明日から会社に持って行くことにします。

憧れの推移

太極拳のクラスでは、私が一番最後に入ったため、他の先輩方より遅れて教わっています。
いつも横目で、先輩達が先を練習するのを見ながら、「良いな~」と思っていました。

最初の頃は、「玉女穿梭(ぎょくじょせんさ)」という技に憧れていました。
美しい女が機織りをする様子に似たことからついた名前らしいのですが、本で技の一覧を眺めてみて、美しそうな技だなと気になっていました。
実際にこの技のあるパートを教わっている頃には、今度は先輩達が練習している刀が羨ましくて仕方がありませんでした。

そして自分も太極刀を習い始めた今、先輩達が教わっている81式が気になっています。
いつも一歩遅れて練習しているので、早く次に行きたいと思っています。
刀だけでなく、まだ見たことの無い剣もやってみたい。

憧れの対象を変化させつつ、もうすぐ2年が経とうとしています。
プロフィール

しまりす

Author:しまりす
スウェーデン好き。
旅行からちょっとした外出、スウェーデン語学習、太極拳、日々の小ネタなど綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフ イン スウェーデン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。