スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかなか抜け出せないスランプ

一生続けていきたいと思った太極拳。
でも最近、スランプに陥っています。

通っている教室の、他の生徒のレベルか高くて、内容が盛りだくさん過ぎて、隅で自主練したり他のことを習ったりしている時間が多いです。
他のことを教わっていると、その分先生を独占してしまうことになるし、自主練していると、分からなくなった時に止まってしまいます。

私はこの教室にはふさわしくないのではないだろうか。

そんなことを考えるべきじゃないのは、分かっているのに、ついついそんな思考に流れてしまいます。
少しでも早く追いつかなければと思うのに、一度習ったことを忘れてしまうと、焦ってしまいます。

こんな心持では長く続けていけないなぁ・・・と思います。
気負わず、焦らず、長い気持ちでやるのが一番続くはずなのに。

これまで、海の、浅瀬から少しずつ深く広いところへ進んできたイメージなのに、ここに来て急に深く先が見えなくなってしまいました。
逆に、ここを乗り越えればまたぐっと伸びる気もしています。
そんな淡い期待を頼りに、めげずに(めげながらも)続けていきます。
スポンサーサイト

風邪を引く価値

風邪が治りきらない内に咳喘息になり、2日間、止まらない鼻水と咳に苦しみましたが、ようやく回復してきました。
まだ咳は少し出ますが、誕生日を祝う食事会を予定通り開催。
ご飯が美味しく食べられるって嬉しいことです。

健康の有難みを実感できたことが、唯一の風邪を引いた価値だと思いました。

止め処なく出続ける咳と鼻水

微熱は下がりました。
しかし、左の鼻から鼻水が止め処なく流れ続けています。
そして、気管がムズムズして咳が止まらなくなりました。
咳喘息です。
幸い、昨日クリニックでぜんそく用の吸い込む粉薬を処方してもらったので、あまり長引かずに治りそうです。

咳で体力を消耗するせいか、ご飯をがっつり食べたくなっています。

味噌汁と梅干しがいつもより美味しく感じます。
鼻水と一緒に体内の塩分も排出しているのかもしれません。
咳も鼻水も、出続けると日常生活にかなり支障を来すので、早く治まって欲しいものです。

はやく健康に戻りたい

先週末から、どうも調子がおかしいを感じたのは、どうやら風邪の前兆だったようです。
昨日から、微熱と、身体がだるい状態が続いています。
駅まであるいたり、風呂に入ったりと、健康な時には大したことのない活動が辛く感じます。
当たり前にできていたことが容易でなくなっています。

早く健康な状態に戻りたいものです。

エネルギー切れに焦る

朝、お腹が空いていなかったので、塩パンひとつとプリンだけ食べて太極拳教室に出かけました。
教室までは、ドアツードアで約1時間。
道中、力が出なくなってきました。
これはまずいと思い、コンビニでとりあえずアルフォートを買うも、食べるタイミングがつかめませんでした。
教室が終わる頃には、疲れてしまっていました。

そして、ここ数日間の朝の食生活を反省しました。
最近は、空腹感があまり無いため、職場に着いてから、コンビニのサンドイッチを食べていました。
それも卵サンドかツナサンド。
思い返せば、砂糖と油の割合が高いです。
そして、野菜、果物がありません。

力が出ないと感じたのは、ミネラルやビタミンが足りず、上手くエネルギーを作り出せなくなったからというのもあるかもしれません。
次の1週間は、朝になるべく果物や米を食べて過ごしてみようと思います。

バスに乗ってお姫様気分を味わう

バスに乗ると、下りる駅の手前でボタンを押して知らせなければなりません。
1年くらい前まで、私は、そのボタンを誰よりも先に押そうと構えていました。
居合抜きみたいな、スタートダッシュのような感覚です。
1度、スライディングして早く押し過ぎて、ひとつ前の停留所で再び停車してしまったこともありました。

しかし最近では、極力自分からは押さないようにしています。
なぜかというと、自分の下りたい停留所で他の乗客が押すと、

「私の為に押してくれた」

という気分を味わえるからです。
一種のお姫様(女王様?)気分に浸ります(・・・)

でも、あまり下りる人の居ない停留所なので、しぶしぶ自分で押すことも多いです。

ぴちぴちズボン再チャレンジ~結果~

約1ヶ月ぶりに、お腹周りがぴちぴちだった妹のスーツのパンツを履いてみました。
結果は、前よりはぴちぴちではなくなっている気がする程度でした。
生地が伸びたのでしょうか?
でもスーツの生地が伸びるとは考えにくい。
ということは、少しはお腹周りが絞られたのでしょうか。
でもまあ、まだぴちぴちであることには変わりないので、スーツは借りたまま1ヶ月後くらいに再々チャレンジしてみようと思います。

ぴちぴちズボンにリベンジ~決戦前夜~

妹に借りたスーツのパンツが、思いがけずピチピチで衝撃を受けた事件からはや1ヶ月。
リベンジの時がやってきました。

思い返せばこの1ヶ月。
甘いものを控え(結構食べていたような気がするけど)、
姿勢に注意して、腹式呼吸を意識してきました。
明日、スーツを着る用事があるので、再び妹に許可を得て借りていくことにしました。
どうなることやら。

教科書通りの会話

中学1年生の英語の教科書に、

Do you have a pen?

という例文があり、「あなたはペンを持っていますか?」なんて実際に使うシチュエーションがあるものかと思ったものでした。
ですがひとたび、ペンを借りたい時に言うのだと分かり、結構便利な表現だと改めて思いなおしたりもしました。
また、

Do you like apples?

というのも、単に嗜好を聞いているのではなく、好きかどうかを確認して、好きならそれをあげようとしているのだと知ったときは、目から鱗でした。
それを実感したのは、スウェーデンでのことでした。
ユースホステルで同じ部屋になった70歳の女性に、

Do you like Swedish apples?(スウェーデンのリンゴ好き?)

と聞かれて、彼女の家の庭で採れたというリンゴをもらったことがあります。
まさかスウェーデンで英語を学ぶとは思いませんでしたが。

スウェーデン語も、教科書通りの会話をしたことがあります。
アーランダ空港で日本への帰りの飛行機に乗る前に、コンビニで買い物をした時のこと。
レジで、”你好”と言われたので、いえ、中国人ではなく日本人ですと言った後に、スウェーデン語で、

私Tarar du svenska? ("Do you speak Swedish?")

店員Ja, Var kommer du ifron? ("Yes. Where are you from?")

私Jag kommer fron japan.(i'm from Japan.")

と、正に教科書通りの会話をしたのでした。
教科書って、結構実際に使えるものなんだなと、改めて思い直した経験でした。

誕生日の過ごし方

まず、朝5時に起き、6時の電車に乗り、7時前に職場近くのカフェ・ド・クリエでモーニング。
他のチェーン店のカフェと違って、仕切りのある皿に、ソーセージや卵、トーストが乗せてあって、ちょっとリッチな気分になります。
ゆっくり紅茶を飲みながら食べ、手帳を見たり、読書したりしました。
8時頃に出社して、事前に購入しておいた「ありがとう」メッセージ入りのマシュマロを、何人かに配布。
「おかげさまでここまで歳を重ねて来られました」という気持ちを込めて。
「今日は誕生日」PRをしているともいえますが(・・・)

夜は、ファミレスで同僚3人とささやかに食事をして祝ってもらいました。
今年は、なかなか良い誕生日でした。

いつ災害に遭うか病気になるか分からない中、これからの人生、どうすれば後悔せずに生きられるか。
誕生日は、ただ祝うだけでなく、自分の生き方を考えてみることも大切だと思います。

私の肩凝り解消法

多い時には2週間に1回通っていたマッサージ屋に、もう2か月以上行っていません。
でも肩凝りは以前よりも緩和されたように思います。
そこで、良くなった理由をまとめてみます。

①タブレット解約。
以前は電車内で、ほぼずっとタブレットを見ていました。
ネットをやったり電子書籍を読んだり。
気がつくと目は疲れ、首肩も凝り・・・
こんなことでは肩凝りは治らないしスマホ老眼になってしまう!
それからスマホをじっと見ながらホームを歩く人をみて、何だか「馬鹿みたい」と思い、解約しました。
今は本を読むかMP3で外国語か音楽を聞いています。


②風呂に本を持ち込むのを止めた。
風呂で漫画や本を読むのが好きで、長いときは漫画2冊を湯船の中で読み切っていました。
そうすると身体は温まりますが、却ってのぼせてしまったり、首が凝ってしまっていました。
現在は首までつかったり、腕や足をマッサージして、なるべく余計なことを考えないようにしてのんびり、かつほどほどの時間で上がっています。


③トイレで立禅
会社で、トイレの個室に入った時によく立禅をやるようになりました。
もちろん、並んでいる時は遠慮します・・・


④ところかまわず首回し
「あ、ちょっと首が固まったかも」と思ったら、ところ構わず首を回します。
職場でも、電車内でも。
もちろん、あまりに混んだ電車内では遠慮します。

マッサージに行くよりも、日々の心掛けの方が、ずっと効果的だと思うようになってきました。
実践していることをいくつか書いてみましたが、一番大切なのは、定期的なマッサージよりも、こうしたこまめに行う動作よりも、普段の姿勢なのだと思います。

それはきっと赤い鳥

会社での歯磨きで愛用していたウッドストックのコップを紛失してしまいました。
無いことに気付いたのは翌々日。
気付いてあちらこちらのトイレを探したけれど見つからず。
更にその次の日、トイレで清掃のおばちゃんを見かけたので、ダメ元で尋ねてみました。

私「あの、3日くらい前に、黄色いコップを無くしたのですが・・・」
するとおばちゃんはすぐに思い当たったようで、「ああ!」と言いました。

「ああ、あのウッドペッパーの!」

彼女が「ウッドストック」のことを言っていることは、私もすぐ分かりました。
でも「ウッドペッパー」だと、黄色というよりむしろ赤い鳥のように思われます。


結局のところ、忘れ物は2日保管後、処分する規則になっており、私のコップはすでに亡きものとなっていたのでした。

ウッドストックよ、永遠に。

何だか、昇天して不死鳥=赤い鳥になったみたいですね。
あながち「ウッドペッパー」も間違いではないのかも。

結構な間食

甘いものを控えることにしてはや2週間。
その間、食べたくて砂糖のことばっかり考えたことが1回。

そして今日もすごく食べたくなりました。
電車が混んでいてイラッ。
定期販売所に10人くらい並んでいてイラッ。
むしゃくしゃして、すごーく濃厚なチョコレートをがつがつ食べたくなりました。

そうだ、家にホワイトデーのお返しがあるからそれを食べよう!
ということで、帰宅後、お菓子袋を漁り、ゴディバの小さい板チョコ6枚入りの小箱に目を付けました。
こんなちょっとじゃ足りないからきっと全部一気に食べてしまうだろうと思っていましたが、2枚食べて落ち着きました。
ゴディバ、しかもビターなんて、むしゃくしゃしてヤケ気味に食べた割には結構悪くない間食になりました。
ホワイトデー様様ですね。

指先のかさつきに耐えて一線を踏みとどまる

もともと、手は瑞々しい方ではありませんが、指先がかさついて、ビニール袋を捲るときに難儀します。
スーパーは、サッカー台に指先を湿らすためのスポンジや濡れぞうきんがあるので良いですが、自宅で、ゴミ箱にゴミ袋をセットするときが一番困ります。
何度こすっても、めくれない。
しかも、めくろうとする度にますます指の水分が失われていく気がします。

思い切って、

ぺろん

と指を舐めてしまえば一発で解決するのですが、それをやってしまうと、自分の中で一線を越えてしまう気がして、踏み止まっています。
先ほども、ハンドクリームを塗ることでゴミ袋捲りを乗り切りました。
潔癖なまでに手洗いをしてしまう自分にとって、潤いのある手を取り戻すのは難しいかもしれませんが、できれば「指ぺろん」はこれからも越えたくない一線です。

駅伝大会に持って行った方が良いもの

駅伝大会に参加してきました。
荷物は預けられないのでなるべく身軽に行こうと、走る格好で小さめリュックを背負って行きました。
ところが、走り終わってもらった完走証がリュックに入りません。入れたとしてもぐしゃぐしゃになってしまいます。
二つに折る訳にもいかず、結局、友達のエコバッグを借りて完走証を入れて持ち帰ったのでした。

教訓。
ランニング大会に参加するときは、A4のクリアファイルとそれが入る鞄を持って行くこと。

ゼッケンを記念に持って帰りたい場合も便利です。
個人で出場する大会ならまだしも、駅伝は1枚の記録表を仲間と共有することが多いからなおさらですね。

誕生日は周りの人にプレゼントをする

来週は誕生日。
ある本で、「行事は自分を見つめ直す機会」であると読み、それが腹に落ちたこともあり、誕生日に対する考えも変わってきました。
以前は、人に祝ってもらえたり、プレゼントをもらえたり、ケーキを食べたりするのが楽しみでした。
今もそれが全く楽しみでないわけではありません。
ただ、いくらか歳を重ねてきて、人に祝ってもらうばかりでなく、この歳まで無事にやってこれたのも周りの人のお陰なのだから、自分から人に感謝する日であっても良いのかなと思うようになりました。

と言う訳で、今度の誕生日は、感謝の気持ちとして"Thank You"の字が入った煎餅でも配ろうかと思います。

心が食べたいもの

昼食にパンを買う際は、たいてい調理パン1つと菓子パン1つです。
しかし、今は腹を凹ませる為に甘いモノを控えているので、菓子パンを止めて調理パンを2つ買いました。
内1つが、ボリュームのあるウインナーをはさんだもので、がっつり食べたくて買ったはずなのに、食べると重く、胃がもたれる感じがしました。
心が食べたいものと、身体が食べたいものが違うことを実感しました。

メロンパンに切り込みを入れてホイップクリームを入れ込んだのも大好きでしたが、脂っこ過ぎてかつ甘過ぎるせいか、食べると必ず調子が悪くなるので、最近は買わなくなりました。
身体が食べたくないものは、次第に心も食べたくないものになってくるのかも知れません。

覚えてからが本番

大架81式を、やっと最後まで教わりました。
全体の流れも、先週から、DVDを何回か見て少しは覚えてきました。
小さなスランプは抜けたもよう。
これからはきちんと通してできるようになることと、型直し。
「(型直しが終わったら)次は剣だね」とのこと。また先が見えてきました。
とはいえ、動きを覚えただけではまだまだで、きちんと精神が伴わないといけません。
覚えてからが本番。

なにはともあれ、まずは覚えることなので、自主練もがんばります。

砂糖中毒に気づく

砂糖を控えようと思い立ってから1週間以上経ちました。
できるだけ摂らないようにしていても、毎日、何らかの形で甘いお菓子を食べていました。
人からもらったり、職場の人と外食した際、ついついデザートを注文してしまったりしていました。
でも、確実に量は減らせていると思います。

昨日は、朝のR-1ドリンクと夜の外食で飲んだジンジャーエール1杯の他は、甘い飲み物や菓子を口にしませんでした。
すると今朝、甘いものがすごく欲しくなって、朝からずっと甘いもののことを考えていました。
ストレスを溜めては元も子もないので、会社に着いてから、チョコレートを食べました。

デザートチョコバー空


ピープルツリーのデザートチョコバー。
五臓六腑に沁みわたる美味しさでした。

それにしても自分って、白砂糖中毒だったのかな。
まあ、うすうす気づいてはいましたけどね。

気配を消すスキル

学生の頃から、「気配が無い」と言われることが多かったです。
最近になって、ますますそれが顕著になってきたようです。

自動ドアにも察知されなくなってきた気がするのです。
閉まっていく自動ドアに、正面から近づいているので、ドアは開かずに閉まり続けたということが2回ありました。
それだけなら、まだ単に自動ドアの死角に入ってしまったためとも考えられます。
しかし、先日、妹の後をついて行った時のことです。
妹は2階に上がって、部屋に入り、クローゼットを開けて部屋を出ました。
私もついて行きました。
妹は、部屋を出て1階に戻るために階段を折りかけて、そこで初めて私に気づき、びっくりしていました。
私は、妹がてっきり私に気付いていると思ってついていっていました。

以前の私なら、「ここまで存在感が無くなってしまったか・・・」と落ち込むところでしたが、今は、「気配を消すスキルが更に上がった」と、前向き(?)にとらえています。
もはや、ドッキリの幽霊役か暗殺者になるべきなんじゃないかとも思っています。

私がスウェーデンを好きな理由

スウェーデンという国が気になりだしたのは、もう10年以上前、大学生の頃でした。
スウェーデンを始め北欧が好きな人は、大抵、インテリアが好きというのを聞きます。
でも、私はインテリアにはそれほど興味はありません。
では何故スウェーデンだったのか。

当時、夢中だったプレステの「レジェンドオブマナ」というRPGのテーマソングが、スウェーデン語でした。
北欧神話に少しだけ興味を持ったのもその頃でした。
加えて、北欧という、ヨーロッパの中でもよく知らない場所に大して、憧れのようなものを抱いていたのだと思います。

そして、憧れを持ったまま10年が経ち、30歳で初めてフィンランドとスウェーデンを訪れました。
行きの飛行機で39度の熱を出し、頭が痛く身体がだるい中、
「スウェーデンに行くまでは死ねない」(大げさ・・・)と思ったこと。
3日間のフィンランド滞在の後、念願のスウェーデンの入った時の、街並みの美しさ、空気の綺麗さ、出会った人の親切さ。

何となく憧れていただけだったのが、確実な「好き」に変わりました。

旅行から帰って1週間後にはスウェーデン語の教室に申し込み、その後1年間に一人で2回スウェーデンに足を運びました。
だんだん、スウェーデン社会の問題を知ったり、旅行して悪い場面にも遭遇して、欠点も知るようになりましたが、そうしたこともひっくるめて、今でもスウェーデンが好きです。

決められた相手のことを始めはよく知らず、だんだん分かってきて好きになる。
何だかお見合い結婚みたいだな、と思いました。

太極拳の軽いスランプ

現在習っている太極拳の大架型が、なかなか覚えられません。
毎週、新しい箇所を教わりますが、前週までの動きを忘れてしまっています。

何故だろう?
考えてみると、最初に小架型を習っていた頃は、1時間半の教室で、教わるのはそれだけでした。
教室でも反復練習できるし、家でも習ったところだけ練習してました。

ところが今は、小架型、大架型、刀、刀練、推手・・・と、同じ1時間半で盛りだくさんです。
更に、家でやるのは準備運動や立禅が中心で、あまり練習しなくなりました。

これではいけないと、今朝は5時過ぎに起きて、準備運動から始め、DVDを観て動きを確認しながら練習しました。
自分の中で納得がいくまでやると、1時間半かかりました。

これからは、習ったことはその日の内に復習して、次週までに覚えるようにしたいと思います。

フレッシャーズ対策

4月1日(金)、4月4日(月)は、新社会人や新入学生で公共交通機関が混雑することが予測されますので、時間に余裕を持ってお出かけください。

バレンタインデーはチョコレートで荷物が多い人で混み、ホワイトデーはお返しのプレゼントで混むだろうと予測していましたが、思ったほどでもありませんでした。
でも、今回は確実だと思います。

私は、4月1日(金)はいつもより30分以上早く家を出たのであまり混雑は感じませんでしたが、いつもと同じ時間に出勤した同僚達は、真新しい黒かばんにリクルートスーツの人達が大勢居て、電車が混んだと言っていました。
4月4日(月)は、学校も始まるため更に学生が加わり、1日以上の混雑になるのではないかと思います。

最近、混んだ電車に乗ることで、以前より強いストレスを感じるようになりました。
帰りは仕方が無いにしても、せめて朝だけはゆったりとした空間に居たい。
4日は、朝ごはんも会社で食べるくらいのつもりで、気合を入れて早起きしたいと思います。

お腹絞りキャンペーン実施中

妹に借りたスーツのパンツがぴちぴちでショックだったため、腹を中心に身体を絞ることにしました。
といっても食べないとか激しい運動をしまくるといった子供じみたダイエットをするつもりはありません。

①砂糖は人と外食するときか人からもらったものに極力限定
②野菜を多く摂る
③姿勢と呼吸を意識する

の3本柱を基本に、筋トレと軽い運動をできるときにやろうと思います。
1ヶ月後に再び妹のパンツにチャレンジしてみようと思います。
プロフィール

しまりす

Author:しまりす
スウェーデン好き。
旅行からちょっとした外出、スウェーデン語学習、太極拳、日々の小ネタなど綴っていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ライフ イン スウェーデン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。